2018年8月1日(水)

  中山道愛知川宿街道交流館 

           愛知川ふれあい本陣
               オープン記念式典

     はなちゃんず
            よし笛演奏
   
   大河原温泉かもしか荘 

 1月1日 元旦 よし笛ミニライブ

   コンサートの模様が一部
   You Tube にて公開されております。


   右の「黒田節」の他、「昴」「いい日旅立ち」
   などの動画があります。

   そちらの方も
   動画サイト You Tube にてご覧ください。



    採薪亭演奏会 ~湖上に響く音色~

 
2017年 9月24日 京都 東福寺 大慧殿 にて

 「荒城の月」
はなちゃんず「祈り」/You Tube はなちゃんず「大樹の唄」/You Tube
はなちゃんず初のオリジナル曲CD祈りリリース!!

定価¥2,000
(税込み、送料別)

ご注文はこちらまで
What's New!!
はなちゃんずのカバー曲アルバム第2弾!『すてっぷ』

定価¥2,000(税込み、送料別)

 ご注文はこちらまで
              
試聴ではMP3になっています。
1.祈り ♪祈り
2.風 ♪風
3.波にゆられて ♪波にゆられて
4.花舞  ♪花舞
5.星空  ♪星空
6.心に描いて ♪心に描いて
7.大樹の唄 ♪大樹の唄
8.天光  ♪天光
小さな芽
それは未来に向かっていく静かな力
みんなに希望を与えてくれるものとなりますように
Yoshibue
A.Guitar

Percussion

Violin

Cooperation
はなちゃんず
えぐちひろし

池田安友子

塩見裕子
菅朋子
Special Thanks to
男鹿和雄(表紙絵・題字)
 『アド・ネット・さきがけ』にリンクします

よし笛が
心を音にかえていく・・・


Yoshibue
A.Guitar
Percussion
Violin



はなちゃんず(中村由紀子)
はなちゃんず(中村彰宏)
池田安友子
堀江彩子



              
 試聴ではMP3になっています。
1.地上の星 ♪祈り
2.テルーの唄 ♪風
3.The Water is Wide ♪波にゆられて
4.夜空ノムコウ  ♪花舞
5.また君に恋してる  ♪星空
6.愛は花、君はその種子 ♪心に描いて
7.もののけ姫 ♪大樹の唄
8.時代  ♪天光
9.乾杯 ♪天光
10.精霊流し ♪天光
11.北の国から ♪天光
12.見上げてごらん夜の星を ♪天光


















 はなちゃん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本初のよし笛教則本がドレミ楽譜出版社から出版されました!
詳細は、下記ドレミ楽譜出版社ホームページをご覧下さい♪


 http://www.doremi.co.jp/Doremi/ATC01.do
やさしい よし笛入門
練習用CD付
中村由紀子著


¥2,160
(税込み、送料別)


よし笛とは水辺の植物「ヨシ」でできた笛。
とても優しく懐かしい、そして透明感のある音色を持っています。
本書は、音の出し方から楽曲演奏までを丁寧に解説し、付属CDには一部楽曲の模範演奏とカラオケを収録。
よし笛の自然な音色で美しいメロディーを奏してみてください。
    

宮城県石巻市にて
10/1に宮城県の石巻市に寄せていただきました。

写真は、東日本大震災で全校児童の7割にあたる74人の子供たちが亡くなった大川小学校です。

お昼位に私達が着いた頃、
1台の車が停まっていました。
その車の中には女性の方が顔を伏せ泣いておられるようでした。

慰霊碑(写真左)には、ご覧のように沢山の花が献花され、子供たちの魂を慰めるように風車がくるくると回って・・・・・。

学校の周囲には何も無く、学校だけがただポッンとありましたが、
震災前は、住宅地だったそうです。
車の中で泣いておられた女性の方は、最期まで車から出られることなく車中で泣いておられ、ご主人だけが、慰霊碑にお参りされていました・・・・。
亡くなられたお子さんのお誕生日か何かだったのでしょうか。





葦を使って、重要文化財等の屋根の工事などをされている熊谷産業さんの所にも寄せていただきました。

道中、車の窓から見える北上川の流れは雄大で、あまりに美しく感動的でした。

でも、写真にはありませんが、道路の脇に多くの車が積み上げられた所がありました。
それ自体珍しい風景でもないのですが、ただその車には皆ナンバーが付いたままでした。

普通に廃車された車ならナンバーは付いてありませが・・・。

左側の写真は、震災前に熊谷産業さんの会社がこの辺りにあったそうですが、現在はご覧のように建物はありません。
会社の家屋は、津波で流されてしまわれましたが、皆さんご無事で別の場所に家屋を再建して頑張っておられます。

右側の写真は、熊谷産業さんが津波のこない高台に作っておられる復興住宅です。
復興住宅と知らないで、ただ写真だけを見れば、美しいロケーションに建つリゾート地の別荘のようです。

目の前には雄大で美しい海が見えます。
私には、広がる海が美しすぎて、より悲しみが深く深く胸の中に広がっていくようでした・・・・。


震災で多くの方の命を奪い、大きな爪あとを今も残している石巻市でしたが、
一見すると、すっかり復興したように見える仙台市でも、崩れて通行止めのままの道があるなど、
震災の大きさを感じない訳にはいきません。

これからも、私達に出来るかたちで応援していければと思います。




                                      Topics